NEWSお知らせ

公募展

KAMISEVEN2018 入選作品展

Date. 12.13

kami

色彩と形態に関わるアーティストの発掘と
支援を目的とするプロジェクト。

■テーマ:HYPER -向こう側-
既存のジャンルを超え、いくつかのジャンルにまたがる作品。

 

グランプリ
『日常景』
山本 辰典

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

物理学者であり、随筆家でもある寺田寅彦の“天災は忘れた頃にやって来る”
という警句はあまりにも有名である。
今回、舟を持って牧歌的な村をひたすらに歩いてみた。

プロフィール
1987:愛知県幸田町に生まれる
2010:愛知教育大学 教育学部
初等教育教員養成課程 芸術系・図画工作専攻 卒業
2012:ALANUS HOCHSCHULE Bildende Kunst-SP Bildhauerei交換留学(-2013)
2014:広島市立大学 芸術学研究科 博士前期課程 彫刻専攻 修了

主な展示
2012:「虚構の都市」(広島芸術センター/広島市)
2017:「地に生きる人々」(ギャラリーrien/幸田町)
2018:「忘却の遊戯場」(蒲郡市博物館/蒲郡市)
2019:「浜松雑纂」(鴨江アートセンター/浜松市)

 

『展開』
太田 晶

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンセプトは「展開」である。
和紙に乗ったグラフィックは立体になることにより、
伝統文化に新しい展開を見せてくれることだろう。

プロフィール
1982 年生まれ
愛知県立芸術大学大学院 美術研究科デザイン領域を修了
現在、フリーランスデザイナー、非常勤講師(大学、専門学校)等

主な展示
2013~2016:パリにて作品展示・販売
(JapanExpo、Tokyo Crazy Kawaii Paris、グループ展など)
2014~2016:ロンドンにて作品展示・販売(HYPER JAPAN、JAPAN MATSURIなど)
2014~2018:和紙素材の研究展に参加(名古屋市、豊田市、NY、ソウル)
2017~2018:NYにて作品展示・販売(グループ展など)
その他、国内外にて作品展示・販売・ワークショップ等、多数。
2018年12月現在、NY(2カ所)とソウルの2都市で作品を展示中である。

 

『とあるところ』
河合 雅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誰しも夢を見る。朝起きると体が重く、頭が痛い時がある。
はっきりしない意識の中で頭を働かせると夢を見ていたことに気づく。
ボンヤリした頭の中では現実と夢との区別するのが難しい。
そのよう曖昧で混ざり合った状況を描きたいと思った。

プロフィール
1997:京都府生まれ
2016:愛知県立岡崎西卒業
2017:愛知県立芸術大学入学
2018:野外展示(鈴渓藝塾)

 

『ホタル』
長谷部 勇人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本作品は両手の指先にLED を装着して手話を行った映像です。
あたかも蛍が飛び交う風景にも見えてきます。
そして手話の習得の有無に関わらず、
音や記号を超えたイメージの創出になることでしょう。

プロフィール
2007:中京大学 情報科学部 メディア科学科 卒業
2010:名古屋造形大学大学院 造形研究科 造形専攻 修了

主な展示
2012:「SIGGRAPH Asia」シンガポール
2013:「WRO Media Art Biennale」ヴロツワフ、ポーランド
2013:「New Interfaces for Musical Expression」KAIST、デジョン、韓国
2014:「Guthman Musical Instrument Competition」ジョージア工科大学、アトランタ、アメリカ
2015:「Incubator for Film & Visual Media in Asia」香港アーツセンター、香港
2018:「New Media Art Conference」CICA Museum、ギンポ、韓国
2018:「International Computer Music Conference」テグ、韓国
2019:「Prague Quadrennial」プラハ、チェコ共和国

 

『M y A t e l i e r 』
日向夏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我々クリエイターは、誰も想像もつかなかったものを生み出すのが仕事です。
今回僕は作品制作はもちろん、額装を含め誰もやったことがないような
展示方法を意識しました。主に額装や演出にこだわりました。

高校生アーティスト日向夏
2018 :「ひゅー画展」(大須アパート/名古屋)
「猫展」(大須アパート/名古屋)
「学展」2作品賞候補入選
「GAKUTEN」(TOLOT/東京)
「いい芽ふくら芽」(松坂屋/名古屋)オーディエンス賞
「絵美展」(SCALA/名古屋)
「高校生クリエーターコンテスト2018」入選
「大須シネマオープンイベント」(大須シネマ/名古屋)

 

『D e a r E a r t h . ~ c o n s c i o u s o f t h e E a r t h ~』
森 英夫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水の入ったペットボトルという現実を通して、
写真という虚構を見つめる事により、鑑賞者に現実の世界を想像してもらい、
その過程により地球について考える、
気付くきっかけとなる様にと思い制作。

 

『夢幻』
ゆずあり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パール系画材を使い、螺鈿画風作品を通して、
アナログ技法ならでは美しさや幻想的な雰囲気を伝えれるように精進しています。
デジタルでも絵画が作れてしまう現代において、アナログで作る意義を追究しました。

プロフィール
1995:愛知県生まれ
2014:愛知県立旭丘高等学校 美術科 卒業http://www.central-gazai.co.jp/?p=9273
2015:愛知県立芸術大学 美術学部 美術科 油画専攻 入学
2018:愛知県立芸術大学 美術学部 美術科 油画専攻 在学

主な展示
2015:「ぱるけ選抜展」(久屋大通駅改札前セントラルパーク市民ギャラリー/愛知)
2015:「クリエーターズマーケット・虹色展」(ポートメッセなごや/愛知)
2016:「プレプレその後展」(名古屋市民ギャラリー矢田/愛知)

KAMISEVEN2018作品展案内はコチラ
KAMISEVEN2018応募要項はコチラ

一覧に戻る

関連記事一覧