NEWSお知らせ

ブログ

佐橋井久子水彩画教室に参加しました

Date. 11.12

こんにちは。デストロイ中村です。10月23日の佐橋井久子水彩教室に参加しました。

下書きをきっちりしなくても風景画が描けてしまう驚きのおもしろ教室でした。

下地の黄色を塗った後は
ラップをもみくちゃにし、絵具を付けて画面にポンポン叩いて遠くの木の葉っぱを表現します。
KIMG0072~2
ラップを回転させながらポンポンすると単調にならずに画面を作ることができます。
色を変えて複数の層を作り、途中で木の幹と枝ぶりを描き込みます。

地面の表現にはスパッタリングの技法を使っています。
豚毛の固い筆に絵具を付け弾き飛ばすことで画面に絵具を吹き付けます。
先生が作品づくりで行う際は色を変え5~6層重ねるそうです。
複数重ねることで画面の深みが増します。
KIMG0073~2

光の筋の表現はマスキングテープを使用し、筋以外の部分に暗めの色をかけます。
暗い色の中に塩をまきましたが、タイミングが悪かったのかちょっとわかりにくい結果に…
気をとりなおし人物を描き加えて完成です。

KIMG0074~2

この季節にぴったりの風景画になりました。
皆様もぜひ遊んでみてくださいね。

一覧に戻る

関連記事一覧