NEWSお知らせ

ブログ

miwa kasumi色鉛筆教室に参加しました

Date. 04.08

miwa kasumi色鉛筆教室に参加しました、デストロイ中村です。
写真を見ながら描いていきました。今回の一番のハイライトは
輪郭線を描かない!
カリスマカラー色鉛筆の淡い色調を使って塗っていきます。

1523074804448

写真を見ながら黄色で背景→ラベンダー色で黒毛の部分→ピンクで全体の影の順に描きます。
鉛筆を寝かせて縦方向の線を連ね、面を描いていくようにして塗っていきます。
薄い色は消しゴムで消しやすいので写真と形を見比べ、描いて消してを繰り返し形を定めていきます。
形の狂いをチェックする方法として先生は
・画面を90度や180度回転させて見る
・遠くから見る
・資料写真と並べてカメラで撮影してチェック
などしているそうです。
その後薄いグレーで毛並みの一本一本を描き込み、その上から濃いグレーで同様に一本一本重ねます。
これがなんとも集中力の要る工程でした!
作家さんの苦労、愛情をまざまざと感じました。絵具ならばひと塗りで済むであろう所に何本も何本も線を重ねます。
miwa先生が描く動物たちの毛並みのフワフワ感はこうして生み出されます。フワフワ感に近道は無かった!
白いひげは細く消せる消しゴムで消しつつ、周りの塗りを濃くして表現しています。
1523074781554
先生のご指導の下私が時間内に描き上げた作品がコチラ。
時間内に完成できなかったので続きをまた根気よく塗っていこうと思います。
ちなみに、先生はこのぐらいの明るい色調で仕上げる作品もあれば、ここから先黒をのせてもっと濃い色調の作品を作ることもあるそうです。また、黒の中に茶色や水色などの色を入れて毛の光が当たっている部分を表現しているそうです。
いきなり黒を使うより、淡い色調から書き進めることで消して修正がしやすい(黒など濃い色は直接紙に乗ると消えにくい)ということを学びました!

一覧に戻る

関連記事一覧