NEWSお知らせ

ブログ

ちょこっと豆知識(*^^)3.クリスマスの「赤・緑・白」の意味

Date. 12.14

こんにちは!
糖質コントロールの為おやつはもっぱらミックスナッツにしてます、クゴウです(*^^)
最近はどこへ行ってもクリスマスムード全開!
そこで、クリスマスのド定番カラー「赤・緑・白」についての豆知識です~☆

3つの色にはそれぞれきちんとした意味があります!

赤色は、よく「サンタの服の色」だと思われがちですがそうではありません。
神の愛」と「キリストの贖罪の血」を意味した色なのだそうです!
宗教的な意味合いが強く、無宗教の人の多い日本ではピンとこない人が多いかもしれません。

緑色はなんでしょう?
私はてっきり赤の補色だからよく使われるだけだと思っていたのですが、
どうやらこれも違うようです。
クリスマスツリーに使われるモミの木とヒイラギが一年中緑を絶やさない事から
永遠の命」と「春の訪れ」を意味しているそうです。
12月25日に春の訪れとは、ちょっと気が早い気がしますけどね(´・ω・`)

は、こちらも宗教的にはかなり重要な意味になりますが、
聖母マリアと同じ「純潔」を象徴しています。
他にも、純白の雪を意味しているともいわれているようで、
私たちにはその方がなじみやすいですね~!

以上、クリスマスの定番カラーの意味でした!
赤は血の色なんて、想像もしてませんでしたが、なるほど言われてみれば
クリスマスってやつはキリスト教のお祭りだったのを思い出しました・・・

一覧に戻る

関連記事一覧