NEWSお知らせ

ブログ

ちょこっと豆知識(*^^)2.本当にあった!「ミイラ絵具」

Date. 11.25

こんにちは!
大福といったらダンゼン豆大福派のクゴウです(*^^)
今回の豆知識はちょっとゾッとするお話です・・・
 
 
時は16世紀。
芸術家の間には、透明度が高い、ピンクみを帯びた茶褐色の絵の具
マミーブラウン」が流通していました。
甘やかで美しいこの色は、特にラファエル前派の画家たちが好んで使用したそうです。
 
どうか彼らを責めないでください。
だって当時はみんな知らなかったんだから。
マミーブラウンという色が、
人間や動物のミイラをすり潰して作られていたなんて・・・
 
もちろん原材料のミイラの成分には個人差があるので、
品質にばらつきがでてしまい、少し使いづらい絵具だったようです。
 
19世紀になるとマミーブラウンの恐ろしい正体が画家の間に知れ渡り、
この絵の具の人気は右肩下がり。
20世紀に入り原材料として利用可能なミイラの供給が尽きたことで
マミーブラウンの伝統的な製法は用いられなくなりました。
 

一覧に戻る

関連記事一覧