NEWSお知らせ

ブログ

新生額装のココロ第3弾

Date. 09.10

皆さまお元気でいらっしゃいますか。
新生額装のココロ第3弾、スギャマ シンヤです。

まだまだ暑い日もありますが、海の向こうではNFLも始まりました。秋の声というやつですな。
メジャーリーグもプレーオフに向けて上位チームにとってはもう第4コーナーです。
かなり鞭が入ってきました。
MLBの僕の今年の予想はLAドジャース。
最近プイグのせいでめっきり影が薄くなってしまいましたが、僕、アンドレ・イーシアのファンです。
このままだと、今シーズン終わったら放出されちゃうんじゃないでしょうか。
そこはかなり心配です。

そして錦織圭君、残念でした。でもまた出直しましょう。
ランクNo1には勝ったのです。
今日の内容だと下を向いて仕方ないですけれど、すぐにまた顔を上げましょう。

 

浄水場1

さて僕はバス通勤者。毎日40分くらいの時間バスに乗り、基幹バスレーンを東から西へとやってきます。
その途中の基幹バスレーン・出来町通り、谷口の交差点北東に、名古屋市水道局の鍋屋上野浄水場があります。
すごく広い敷地が庭園のように見えて入ってみたくなるんですよ。

先日のことですが、その谷口の交差点を車で運転しており時に浄水場の門扉が開いているのが目に入りました。
ややっ!
名古屋市では小学生は社会見学であそこを訪れるそうですが、僕は他県の生まれです。あの敷地に入ったことがありません。

浄水場2

水道局関係のイベントがある時に解放されるのは何となく知ってはいたのですが、まさか今日がその日か!
早速家に帰ってまたバスに乗って谷口の交差点へ戻る。
降りると浄水場の門にまばらに人が入って行くのが見えます。
やっぱり何かあるんだ。
着くと、いかにもイベントには慣れていません、というような誘導役の職員さん。

何でもスタンプラリーをやってるらしい。
「いや、僕この敷地の中に入りたかっただけなんで‥」とは言わず、流れに身をまかせ浄水場の古い凄まじく味のある建物の中へ。

浄水場3

明治村みたいなイメージだなぁ。
実際は大正時代に造られているのでそれよりは多少モダンの風味なのかもしれないけれど、いわゆる歴史的建造物というやつです。
言われるままに浄水場のスタンプを押してもらい話を聞いていると、谷口の交差点を南北に伸びる天満通りを南に向かうと「水の歴史資料館」という市の水道局の施設ができたというのです。
そのオープニングイベントがこのスタンプラリーだということ。。
大した距離でもないし新しい施設だというのだから、ちょっとウォークしちゃおうカシラ。
さらに聞いていたら、最終ゴール地点はあの東山配水場の給水塔だというではありま~せんか!

 

給水塔1

僕はその昔覚王山の参道で働いていましたから、江戸川乱歩の「幽霊塔」を彷彿させるあの塔は僕にとってはいつかは行かなければいけない約束の場所だったのです。
ついにその時がいきなり来たか‥行くさ!約束の場所へ。

水の歴史資料館

 

 

水の歴史資料館は小ぶりできれいな、いわゆる「公共の施設」という感じでした、特に感慨はありません。

まぁそんなもんでしょう。やはり、グッと来たのはあの給水塔です。
これか‥。今僕はついにこの塔の下にいる。

 

 

  • 給水塔2
  • 芝生

 

 

 

 

 

給水塔は思っていた通りの部分と、えっ!そうだったの?という部分が半々でした。
近くで見る給水塔の外観は思っていた通りに素晴らしいです。めちゃめちゃ雰囲気あります。
そして意外だったのが、塔の内部は多くの歴史資料の写真が飾ってある資料館だったのです。
いや~知らなかった。幽霊塔のイメージそのままだったから、ほの暗い螺旋階段をひたすら上に上にという安直な設定を想像していたのですが、さすがに公共の施設なんだからそんなわけないよね。
6階が展望階になっているのですが、けっこう急な螺旋階段なので辿り着くまで少しへばります。
みんな嫌そうな顔して上ってました。
そしてなんとか6階に辿り着くのですが、そこには名古屋の絶景。

元々丘になっている日泰寺の裏手にあり、そこは海抜でいえば覚王山の頂点に位置する場所です。
そこに立つ高さ38mの塔です見晴らしがいいに決まってます。
名古屋市内を望む大パノラマがまさかここから。
いや~来て良かった。素晴らしい。ちょっとの苦労でこのご褒美。

塔の見学も終わり螺旋階段下って外に出ると、水道局の人たちが給水のサービスをしているのですが、「水道の水で~す」なんて言いながら紙コップを渡してくれます。
もちろんクーラーでキンキンに冷えているお水ですから暑い日でしたし、蒸し蒸しの給水塔から出てきた僕達には凄く美味しい水なんですが、くどいくらい「水道水ですよ~。」という彼らには、何と言うか‥一抹のほほえましさ。
そうですね、名古屋のお水は木曽川水系の軟水。水道のお水も普通に美味しいですよね。

3ヶ所のスタンプラリーを終えると記念に家庭菜園用の野菜の種(笑)と、特製ピンバッジセットをもらいました。
ピンバッジセットはけっこうレアともいえるグッズですよ、これは。
早速、額装のココロ。ではまた次回。

  • ピンバッジ1
  • ピンバッジ額装

 

 

 

 

 

一覧に戻る

関連記事一覧